Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c9417681/public_html/livewell-from2023.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
自己分析で「やりたいことがわからない」を解消する方法 - たんたんブログ

自己分析で「やりたいことがわからない」を解消する方法

「転職したいけど、そもそも自分はなにがやりたいのかわからない」
「とりあえず需要がありそうなIT関係の求人を見ているけど、どれもしっくりこない」
「転職エージェントに登録したけど自分の軸が定まっておらず業界や業種の希望が伝えられない」

転職を考えたとき、このような壁にぶつかっていませんか?
やりたいことだけを考えても答えは見つかりません。自己分析をしてやりたいこと探しを終わらせましょう。

自己分析はなぜ必要なのか

自分の軸が見えてくる

大切なものは人それぞれで、絶対的な正解はありません。だからこそ自分の軸を明確にすることで判断基準が生まれ、自分にとっての正解に近づくことができます。

優先順位がつけられるようになってくる

「流行っているから」、「必要そうだから」という理由で選ぼうとすると、選択肢があまりに多く、何から手を付けていいかわからなくなってしまいます。自分にとって大切なことを優先させましょう。

強みと弱みがわかって自分の魅せ方がつかめる

転職活動しようとしたとき、「結局自分に何ができるのかわからない」「駄目なところばかりに目が行ってしまう」という状態に陥りがちです。強みは弱みの裏返しなので、強みがない人はいません。自分の強みを知って、うまくアピールできるようになりましょう。

自己分析の進め方

嫌なことから考える

やりたいことはなかなか思い浮かばなくても、やりたくないこと、嫌いなことなら思い浮かびませんか?まずはそれを書き出してみましょう。

自分が望んでいる状態を考える

嫌なことの反対に自分が望んでいるのはどんな状態か考えてみましょう。人に何かして喜んでもらう、自分のしたことが評価される、周りがいい人ばかりで人間関係にストレスがないなど思い浮かんだものを書いてみましょう。

経験を書き出してみる

過去に自分がわくわくした経験、逆に凹んだ経験を書き出してみましょう。自分の感情がどんな時に動くのか見えてきます。

周囲の人に自分の印象を聞く

最後は少しハードルが高いですが、周囲の人に自分の印象を聞いてみましょう。自分で認識している以外の自分の良さが見つかるかもしれません。

自己分析の便利ツール

16personalitiesで診断してみよう

16personalitiesは無料でできる性格診断テストです。質問に答えるだけで自分の長所や短所が細かくわかるようになっているので、自分で言語化するのが難しいと感じている人はぜひ使ってみて下さい。

まとめ

「やりたいことは何か」と考えてもなかなか答えが見つかりませんが、今回紹介した自己分析で自分の価値観を知っていくことで自然と答えが見えてきます。まずは焦らず自分の心と向き合ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました